Month: 8月 2016

何とか聴いて不覚にも涙がこぼれた私のはじめ曲

誰にでも好きな曲があると思います。
J-POPであったり、クラシックであったり、演歌であったり。
大ヒットしていなくても「これが私の一曲??」と感じる音楽がいかにもあるでしょう。
後でご覧頂く様式は、私の大好きな曲への機嫌を好きなだけ語らせて頂くものです。どうにかおつきあい下さいね。

もう一度20時世上記前になります。いやいや30時世近所昔だ。
高校だった自身は、当時殊に好きな美術家はいませんでした。
ドラマの主題歌や歌局で過ぎるJ-POPを漫然と聴いておりました。気持ち良く耳に入ってくる調に洗浄やされたり、想いをもらったりしておりました。
そんな時、中学世の中からの近辺が貸してくれたカセットテープに入っていた曲に、ぶわっと涙が出てきました。

「あしたへの縁側」
シングルとして出された曲ではないので、わかるヤツは多くはないかもしれません。
アルバムの一番最後に収録されている曲で、密やかだけれども器量が湧いて現れるバラードだ。
詞の内容は、プロポーズをバーチャルさせるものですが、当時の自身はまだピンときません。
ただ、”一緒に歩いていこうよ”といった、アームを差し伸べられたようで、どうしてもありがたく、また、単独じゃないんだとホッってできたのを覚えています。
おんなじ高校生で近辺だった連中といさかいを起こし、ちっとも皆さんを失った後でした。
腹を割って何でも話していたとしていたけれど、掴みどころのない違和感に苛まれていました。
それを思い切ってぶつけてみたら、身の丈を向けて去っていきました。
そんな時に聞いた曲だ。

ひとしきり泣いて、何故かさっぱりしました。
今は単独かもしれない。この先も単独かもしれないけれど、大好きな曲を携えて歩いていこう。
そう思えた一曲でした。

数年下部、ブライダル適齢期を迎える頃には当時の私の解説は非なんだと気付きましたが、でもさすが大好きな曲だ。

今は単独じゃないですよ。
あしたへの縁側を一緒に歩いてくれる自身にとっては最強のヤツが居ますから、(笑)

乱文乱筆、失礼しました。キャッシング 即日融資

痩身といった客間の処置は、同時進行で引き上げる

減量と広場の撤去をマルチタスクやる。
ウェイトは、2ヶ月で3寸法減っただけだけど、広場のスリム化は抜群勝利。
色々なものが減っていった。
いつか、寝る前に、シート置き場のセッティングを決める。
年金手帳とかパスポートとか、賃貸の参加書は捨て置くけれど、
その他は取り除けるんじゃないだろうか?
体調検査の結果、年収明細、、、何故どうしても過去にとらわれる?
20年からの点数。なぜそんなものを残しているのだろう。
家電の目録とは違う、何か意味が生じる筈。
とりわけ、体調検査の結果といった、年収明細はおいておこうかなあ。
も、取り扱う仕打ちないしなあ。再び再びキャリア諦めるのだし、
二度と再び、キャリア諦める。ですからフリーランスで生きていくためにも
年収明細は捨てよう。過去のキャリヤーは捨てて、目新しいキャリヤーを築こう。
体調検査も、後でおやじになるに従って、大事になっていく。
ガン検診の結果は、がん保険に入るのにニード。
がん保険の内容を聞いておこう。すっぽん小町