読書とは文字通り、書(本)を読むということです。本と言っても小説だけでなく、漫画や雑誌も含まれてしまいます。ここでは小説を読むことの楽しさを知ってもらうためだけでなく、重要性も知ってもらいましょう。
まず読書をしないという人は「時間がもったいない」や「小さくて長い文字を見るのが嫌」という理由が多いと思います。たしかに文字が小さくて長い文字を見ると気分が悪くなる人もいると思います。しかし私からしたらそういう人は新聞も読まない人だと思います。自らを低いレベルに落とさずにすこしでもレベルを上げる第1歩は文字を読むことです。時間がもったいないと言う人は読書するよりも価値のある時間を過ごしているのでしょうか、私はそうは思いません。電車で1時間スマートフォンでゲームをしているよりも読書をしていた方が時間の活用が出来ていると思います。読書はイメージです。どれだけその小説の世界に入り込んで、そこでの感情を感じられるかなのです。それが実世界でも感情に現れ、人間構成が上手くいくような手助けになるのです。
読書とは人間が生きる上で大事にしなければならないすばらしい書物なのです。すっぽん小町 体験談